胃癌の壁深達度

「胃癌取扱い規約」によると、胃癌の壁深達度(T)については、その癌浸潤が及んだ最も深い層をもって表し、T分類(tumorのT)で記載することになっています。一般にT1腫瘍を「早期胃癌」と呼んでいます。T1の分類を以下に示します。

T1 癌の局在が粘膜または粘膜組織にとどまるもの T1a 癌が粘膜にとどまるもの(M)  T1b 癌の浸潤が粘膜下組織にとどまるもの(SM)



したがって早期胃癌は、T1aのM癌とT1bのSM癌です。UICCのTNM分類では、高度異形成と上皮内癌がTisと規定されていますが、「胃癌取扱い規約」ではTisは用いず、粘膜固有層への浸潤の有無にかかわらず粘膜内癌つまりM癌と診断できるものはT1aとします。よって「胃癌取扱い規約」の病期には0期が存在しないことになります。早期胃癌は、病期1期ということになります。












Office
105-0001

東京都港区虎ノ門1-1-20

虎ノ門実業会館

T: 03-3595-3080

info@hokensatei.com​

  • Facebook B&W
Clients
 ・生命保険会社
 ・損害保険会社
​ ・再保険会社
 ・少額短期保険会社
 ・共済会社
​ ・出版社
 ・その他コンサルティングファーム会社等の各社様

Copyright © 2008-2020 Underwriting & Claim Consulting Company All Rights Reserved.