骨粗鬆症

骨粗鬆症とは、骨基質と骨塩の比が一定のまま、骨量が減少した状態、つまり骨質は正常で骨絶対量が減少する病態をいいます。すなわち骨に鬆が入った状態になる病気です。骨が脆くなるため、わずかな衝撃でも骨折を起こしやすくなります。骨折リスクが増大した状態です。WHOでは、次のように定義しています。


骨粗鬆症は、低骨量と骨組織の微細構造の異常を特徴とし、骨の脆弱性が増大し、骨折の危険性が増大する疾患である。



骨粗鬆症は、加齢や閉経により起こる原発性骨粗鬆症と、病気や薬剤の影響により起こる続発性骨粗鬆症とに分けられますが、骨粗鬆症の大部分は原発性骨粗鬆症です。骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会 「骨粗鬆症の予防と治療のガイドライン2006年版」ライフサイエンス出版からは、次のように分類されています。


(1)原発性骨粗鬆症

   ・閉経後骨粗鬆症

   ・男性骨粗鬆症

(2)続発性骨粗鬆症


骨量の減少は、骨吸収が亢進し骨形成が低下した場合、あるいは骨形成が骨吸収に追いつかない場合に発生すると考えられています。続発性骨粗鬆症の原因となる疾患には、副甲状腺機能亢進症などの内分泌疾患、関節リウマチ、動脈硬化、CKD(慢性腎臓病)、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、糖尿病などが考えられています。また薬剤では、ステロイド性骨粗鬆症が有名です。

骨粗鬆症の診断は、骨密度が若年成人平均値(young adult mean; YAM)の70%未満を骨粗鬆症と診断します。なお、脆弱性骨折がある症例では、YAMの80%未満が診断基準となります。骨密度の測定は、原則として腰椎または大腿骨近位部で行います。


骨折危険因子による骨折危険性の定量的評価法として、WHOによる骨折リスク評価ツール(fracture risk assessment tool; FRAX)が開発され、治療開始基準となっています。骨量減少においてFRAXの10年間の骨折確率が15%以上が基準です。


骨折発生後の死亡の相対リスクは、大腿骨頚部骨折と椎体骨折で特に高く、それぞれ6.7倍と8.6倍との報告があります。おそらくこれら骨折からの寝たきり状態が、高齢者の廃用性症候群を促進させ、さまざまな合併症から死亡にいたるものと考えられます。


(参考) 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版 Cauley JA, et al : Osteoporosis Int. 11, 556-561, 2000



Office
105-0001

東京都港区虎ノ門1-1-20

虎ノ門実業会館

T: 03-3595-3080

info@hokensatei.com​

  • Facebook B&W
Clients
 ・生命保険会社
 ・損害保険会社
​ ・再保険会社
 ・少額短期保険会社
 ・共済会社
​ ・出版社
 ・その他コンサルティングファーム会社等の各社様

Copyright © 2008-2020 Underwriting & Claim Consulting Company All Rights Reserved.