株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 88◆◇ 2013.6.26

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 88◆◇ 2013.6.26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
腰椎すべり症
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
腰椎は5個の椎骨から構成されていて、その間には椎間板という繊維軟骨があ
ります。椎間板は、衝撃を吸収したり、椎骨の可動性を保持するクッションの
ような役割を持っています。椎間板の老化等が原因で、上下の椎体が前後にず
れてしまう病態を腰椎すべり症といいます。

原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
椎体の後方部分は少年期のスポーツ活動等により骨の一部が離れ、分離する傾
向が高く、これが原因でずれてくるものを「分離すべり症」といいます。
一方、加齢により椎間板が変性しずれてくるものを「変性すべり症」といいま
す。分離すべり症は第5腰椎に多く、変性すべり症は女性に多く大部分が第4
腰椎といわれています。

症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最も多い症状は腰痛です。椎体がずれるので、神経圧迫があれば、脊柱管狭窄
症と類似の症状が生じます。脚の痛みやしびれ、間欠性跛行や、後方にそらす
姿勢で痛みが増強します。圧迫された神経の支配領域の知覚障害や筋力低下が
生じます。馬尾神経は、尿や便などの排泄機能を支配している神経も通ってい
るので、重篤な場合は膀胱直腸障害をきたすこともあります。
なお、すべり症があっても、軽度の場合は無症状のことも多いようです。

診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レントゲン検査では、ずれている椎体を容易に確認できます。その他、CTや
MRI検査で脊柱管狭窄や神経の圧迫の程度を確認します。

治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
腰痛が強い場合にはコルセットにより体幹の保護をします。青年期の分離すべ
り症の場合には、コルセットにより骨の癒合を期待できます。この時用いるコ
ルセットは、整形外科用の型を取って作るもので、市販のものとは違います。
薬物療法としては、疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩薬、馬尾神経を圧迫して
いる場合には、末梢循環改善薬が用いられます。この他腰痛に対しては、理学
療法や下肢痛に対して神経ブロック療法などがあります。また、リハビリとし
ては、腰回りの筋肉を鍛えたり、マッサージ、低周波治療、牽引などがありま
す。しかし、これらの保存療法でも改善しない場合や、膀胱直腸障害が生じる
など、重篤な神経麻痺が起こっている場合には、手術が行われます。まずは、
神経を圧迫している部分を削って圧力を取り除く除圧術があり、次に椎弓の一
部を切除する術式があります。重症度に応じて、腰椎椎間板固定術が行われま
す。これには後方、経椎間孔、前方の3種類の代表的な手法があります。

合併症・後遺症
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感染症、下肢の血栓性静脈炎や肺塞栓症、癒着性くも膜炎、神経損傷や、固定
に使用した人工物がずれたり、外れたりすることも稀にあるようです。

引受査定のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
査定は腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症と同じです。
現在症状がある(手術をしていない)場合、重要度に応じて、死亡保険につい
ては保険金削減~標準体で、医療保険については延期~部位不担保での引受が
考慮できるでしょう。
既往症で手術なしの場合は、死亡保険は標準体、医療保険は部位不担保で
手術がある場合には、後遺症・合併症がなければ死亡保険は標準体で、医療保
険については部位不担保~標準体(術後の経過期間による)での引受が考慮で
きるでしょう。再発をしている場合には、ワンランク程度厳しく査定します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る