株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 74◆◇ 2012.11.16

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 74◆◇ 2012.11.16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食道アカラシア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
下部食道括約筋は、食道と胃のつなぎ目にある筋肉で、食物を飲み込む時には弛緩し
て食道から胃に食べ物が落ちるようにし、それ以外の時は食道をしめて、胃の内容物が
逆流しないようにしています。食道壁内神経の障害により、下部食道括約筋が弛緩せず
食物が食道に停滞するために異常な拡張がおこる疾患を食道アカラシアと言います。
10万人に1人程度発生する稀な病気で、中年に発症することが多いようです。

原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食道平滑筋の壁内にあるアウエルバッハ神経叢内の節細胞が変性することが原因と
いわれていますが、変性自体の原因は神経の変性疾患、ウイルス説、免疫異常説、
遺伝説、消化ホルモンの関与等考えられていますが、明らかではありません。

症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
通過障害により、げっぷ、胸やけ、嘔吐、嚥下障害などの症状が生じます。背筋が圧迫
されたり、末梢神経系の疾患の併発により、背中の痛みや胸痛が生じることもあります。
進行性の神経筋疾患が原因の場合、顔面神経麻痺や発話障害が生じることもあるようです。

検査
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
問診で食道アカラシアを疑ったら、食道X線造影で拡張した食道と、食道胃接合部での
狭窄像を確認します。拡張度分類は食道横径により?度~?度まであり、拡張型分類と
しては紡錘型、フラスコ型、S字型の3つがあります。食道内視鏡検査でも同様の所見
がみられますが、重症になると、潰瘍や腫瘍、食道癌との鑑別や、併発にも注意します。
さらに、診断の確定のために圧力計が組み込まれたチューブを食道内に入れて、食道
の動きや内腔の圧を測定する食道内圧測定検査が行われることがあります。

鑑別疾患
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
逆流性食道炎や、食道癌、食道粘膜下腫瘍などですが、胸痛や背部痛を生じる場合
には心臓疾患や、その他の消化器系疾患にも注意します。

治療・予後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
薬物療法としては、軽症の場合は下部食道括約筋の圧低下を期待してカルシウム拮
抗薬や亜硝酸製剤を投与しますが、あまり効果的ではありません。この他に漢方薬や、
末梢神経障害の回復を期待してビタミンB12の投与が行われることもあります。
内視鏡的下で下部食道括約筋の部分をバルーンで拡張させる治療法がありますが、
効果は一時的で繰り返し行うこともあり、根本的な治療法とは言えません。
手術方法としては、中等度の場合、まず内視鏡的に下部食道括約筋付近の輪状筋を
切開する方法がありますが、切開の大きさによっては、逆流性食道炎が起こることもあ
ります。したがって、重症の場合には、腹腔鏡的な外科手術をしますが、通過障害に対
してはまず筋層切開術を行い、その後噴門形成術も同時に行うことで胃液の逆流を
抑制することができます。

引受査定のポイント(手術の有無と術式)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在症状がある場合は、重症度や治療法等にもよりますが、死亡保険は割増等の
条件付での引受、医療保険は一旦延期としたほうがよいでしょう。
既往症の場合は、手術をしていなければ死亡保険は割増等の条件付~標準体、医療
保険は引受延期~部位不担保等の条件付での引受が考慮できます。手術をしている
場合は、死亡保険、医療保険とも引受緩和が考慮できるでしょう(もちろん、手術名や
治療期間等考慮して悪性疾患が否定できる場合)。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る