株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 69◆◇ 2012.08.31

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 69◆◇ 2012.08.31

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マラリア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハマダラ蚊によって媒介されたマラリヤ原虫による感染症で、日本では届出が
必要な4類感染症に分類され、診断した医師は7日以内に保健所に届け出る必要
があります。2011年7月の外務省の保健・医療のホームページでは、エイズ、結
核、マラリアを三大感染症として特に重要視しています。
 2011年12月のWHOの報告によると、罹患者数全世界で2億1,600万人(そのうち
アフリカが81%)。死亡者は、推定65万5,000人ですが2006年の100万人に比べ減
少していますが、WHOはさらに2015年までにマラリアによる死亡者数をゼロにす
ることを目標としています。
日本では1962年以後は50年間マラリアの自然発生は見られず、WHOからも無マラ
リア国に指定されていますが、海外渡航者からの輸入マラリアは2011年は76例報
告されており、約半数が熱帯熱マラリアです。
途上国の滞在者がマラリアに罹患する頻度は0.2%~3%(アフリカ)であり、
他の感染症と比較しても高いです。(Jounal of Travel Medicine15: 2008)

感染経路
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハマダラ蚊の唾液内で増殖したマラリア原虫は、吸血する際に人体に入った後
すぐ肝細胞に取り込まれます。その後分裂、増殖を繰り返し数週間後には肝細胞
を破壊し、今度は赤血球内に寄生し、破壊することによって貧血、脾腫等の症状
を生じます。

症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マラリアには潜伏期間があります。一定の潜伏期間後、悪寒や震えと共に熱発作
が1~2時間続きます。熱形は当初不規則ですが、三日熱マラリアと卵型マラリ
アでは48時間、四日熱マラリアでは72時間、熱帯熱マラリアでは36~48
時間と規則的に発熱発作を生じます。
 その後体温はさらに上昇し、口渇、頻脈、頭痛、嘔吐、筋肉痛などが数時間続
き解熱します。赤血球が破壊されるため、貧血、脾腫、血小板減少なども生じま
す。

診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
海外渡航歴の問診や症状等でマラリアを疑いますが、確定診断は患者血液を
調べ赤血球に潜んでいるマラリア原虫を顕微鏡で直接発見します。海外では
マラリアを対象とした特異抗原検出用キットも開発されており、約10分で
迅速診断できます。この他マラリアの遺伝子検出法としてはPCR法もありま
す。赤血球を破壊するため、貧血や、脾腫のため血小板も低下します。

治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古くからキニーネが使用されていましたが、その後プリマキン、クロロキン、
メフロキン等が開発され、適切な投薬治療により完全治癒が期待できます。
薬剤耐性マラリアについては、薬剤の選択に注意が必要です。また、熱帯熱
マラリアは緊急対応を要する疾患で、診断が遅れると重症化や死亡リスクも
高いので、保健所への届出と共に、治療に関しては専門施設への搬送または
専門家からの助言が必要と思われます。

予防
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メフロキン250mgを毎週1回流行地到着1週間前より出発後4週間後まで
内服します。また、現地では、夜間の外出を控えたり、防虫ウエアーを着用した
り、皮膚の露出部には虫除けスプレーをかけたり、蚊取線香や、就寝時は蚊帳
(かや)も効果的です。

予後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵型マラリアは経過が良好で死亡することは
稀ですが、熱帯熱マラリアの経過は急激で、治療が遅れると脳、腎、肺など
主要臓器に合併症を生じたり、死亡することもあります。

引受査定のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現在、症状がある場合または疑わしい場合は、保険種類にかかわらず全て延期と
したほうがよいでしょう。
完治例については、1回のみの発症で、慢性化せず後遺症や合併症がない場合
は標準体での引受が考慮できます。2回以上または慢性化した場合には、経過年
数により条件付きでの引受も考慮した方がよいでしょう。後遺症や合併症がある
場合には当該項により査定します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る