株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol.4◆◇ 2009.02.18

◇◆医学豆知識メルマガ Vol.4◆◇ 2009.02.18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
腸間膜リンパ節炎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新しい医療診断技術が開発されると、頻度が少なかった病名が頻繁に告知として現れるようになります。例えば、急性虫垂炎と腸間膜リンパ節炎がその良い例でしょう。

 近年開発された高周波ハーモニック装置(超音波検査)の登場により、正常虫垂とその周囲組織が明瞭に描出できるようになりました。この技術により手術が優先される急性虫垂炎と、保存治療が第一選択の腸間膜リンパ節炎、憩室炎、小腸炎などの急性腹症との鑑別が容易になったのです。すなわち緊急手術の要否を決める上で、この高周波ハーモニック装置による超音波検査は非常に有用になります。

 腸間膜リンパ節炎は、主に回盲部付近の腸管リンパ節の非特異的炎症です。種々の感染症(腸管の感染症、上気道の感染症(風邪等)などで起こり、発熱、腹痛、嘔吐、下痢などの急性虫垂炎様の症状を呈します。血液検査では、CRP高値、白血球増多、赤沈亢進(赤血球沈降速度)などの炎症反応も観察されます。それゆえ急性虫垂炎と判断され、手術を受けることが多いのですが、虫垂切除を目的として開腹手術をしてみると、実は虫垂は正常で腸間膜に発赤腫脹したリンパ節を認めることで腸間膜リンパ節炎と判明するのです。臨床症状からでは腸間膜リンパ節炎と急性虫垂炎との鑑別は困難であるといえます。
 腸間膜リンパ節炎の頻度は、虫垂炎手術例の10%と従来いわれてきましたが、本装置の導入により、今後症例数は増加すると思われます。腸間膜リンパ節炎の確定診断とされるリンパ節のサイズと数は「5mm以上3個以上」とされています。

引受査定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
腸間膜リンパ節炎は一見仰々しい疾患名ですが、保存的治療で軽快します。
したがって、完治後は標準体引受が可能な疾患であるといえるでしょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る