株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 37◇◆ 2010.12.28

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 37◇◆ 2010.12.28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三叉神経痛(さんさしんけいつう)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脳幹から直接出ている末梢神経は、脳神経と呼ばれ左右12対あります。
三叉神経はその5番目(第五脳神経)で、脳幹を出た後眼神経(V1)、上顎神経
(V2)、下顎神経(V3)の三神経に分かれているため三叉神経と呼ばれ、頭部や
顔面の皮膚感覚等に関与しています。この神経が何らかの原因で圧迫されたり
炎症を起こすことで痛みが生じます。
「顔面神経痛」とよく言われているようですが、正確には「三叉神経痛」です。
※ちなみに「顔面神経」についてはメルマガNo. 18を参照ください

症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
神経痛の程度は非常に強く、突発的です。数秒から数十秒程度で一旦軽快します
が、繰り返し生じ、数時間持続することもあります。片側が多いです。洗顔、咀
嚼、歯磨き、冷引水、風にあたる事などが誘発因子となります。
季節(11月や2月)によって痛みがひどくなるという報告もあります。
男性より女性にやや多く(2:3)、50代の中年以降に発症し、片側に起こること
が多いです。よって、若年で両側に起きたものについては、多発性硬化症や他の
疾患の可能性も疑う必要があります。神経走行上は頭部や顔面のどこにも生ずる
可能性はありますが、頬やアゴの下半分の疼痛が多いようです。

原因 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三叉神経周辺の血管が神経を圧迫することが原因と考えられています。動脈硬化
が原因で蛇行したり、膨張した血管が神経を圧迫している特発性のものと、脳動
静脈奇形や脳腫瘍が圧迫の原因の症候性のものがあります。まれに、帯状疱疹後
など、ウイルスによる直接的な神経の炎症が原因の場合もあります。CTや
MRIで圧迫血管の存在や、その他の頭蓋内病変の有無も調べます。

鑑別疾患
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
顔面神経麻痺、帯状疱疹後、脳腫瘍、歯科疾患、群発頭痛、
副鼻腔炎等の耳鼻科疾患等

治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■内服治療
もともとはてんかんの薬であるカルバマゼピンという内服薬が、神経の伝達を抑
え痛みを抑えるのでよく効きます。しかし、一時的に痛みを軽減するだけで根本
的な治療ではありません。

■定位放射線治療
脳の外の多くの方向から放射線を照射して脳の深部の一点に強い放射線をあてる
治療で、ガンマナイフやサイバーナイフなどがありますが、痛み軽減の理由はよ
く分っておらず、対症療法なので、手術療法より効果は低いです。

■三叉神経ブロック
三叉神経に直接局所麻酔薬(アルコール)や神経破壊薬(グリセロール)を注射
して痛みをとります。神経破壊薬のかわりに高周波の電流で神経を焼く治療もあ
り、数年程度痛みは軽減しますが、顔面にしびれ感は残ったり、数年後には痛み
が再発する事もあるので、根本的な治療法ではありません。

■手術療法
神経を圧迫している血管が見つかった場合、全身麻酔下で耳の後ろから頭蓋骨に
穴を開けて顕微鏡下で圧迫している血管を移動し、神経と血管を分離します(神
経血管減圧術)。成功率も高く、根本的な治療なので、痛みはすぐ軽快します。
しかし、生命の中枢である脳幹部は深部にあるので、手術時の危険や術後の合併
症(顔のしびれ感)や後遺症(聴力障害・複視)も数パーセント生じるといわれ
ています。

引受査定のポイント 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
原因を告知していただくことが重要です。
現症の場合は、軽度の場合でも入院保険についてはいったん延期とするのがよい
と思われます。死亡保険については、軽度であれば軽い条件付きでの引受、重度
あるいは原因不明の場合は、いったん延期としたほうがよいでしょう。
既往症については、一定期間経過していて再発がなけようであれば、
標準体での引受も考慮してよいでしょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る