株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 21◆◇ 2010.3.23

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 21◆◇ 2010.3.23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脂肪肝
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
腹部超音波検査を行うと、肝臓全体が白くきらきらと輝いて見える~
これが脂肪肝で、文字通り肝細胞の中に脂肪(中性脂肪)が多量に蓄積した
状態です。 ガチョウの脂肪肝であるフォアグラは食通の舌を喜ばせますが、
人の肝臓のフォアグラ状態はいただけません。

原因と症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脂肪肝の原因の多くは過度の飲酒と過食です。過度の飲酒によるアルコール性脂肪肝
は放置されると肝炎や肝硬変に進行することもあります。
一方、最近では過食によるものが増えており、メタボリック・シンドローム(肥満、
高血圧症、内臓脂肪蓄積などが重なりあった状態)も伴って、
脂肪肝(非アルコール性脂肪肝)が見られるケースが増加しています。
脂肪肝には特徴的な自覚症状はないため、健康診断で発見されることが殆どです。
初期には自覚症状はなくても、長期間のうちに進行した場合には「疲れやすい、
食欲がない、体がだるい」といった症状が出現してきます。

注目されるNASH
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脂肪肝の多くは、禁減酒や体重減量、食事内容の見直しなどによって改善が望める
状態ですが、最近注目されているものに、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)が
あります。
これは、飲酒が原因ではない脂肪肝(過食などによる脂肪肝)の中に、数年のうちに
肝細胞の壊死や炎症などを生じるもので、中には肝硬変や肝癌に至ることもあります。

メタボリック・シンドロームの増加が懸念されている現在、肝障害の中で
このNASHの割合はますます高くなるだろうと予想されています。
また、日本人は「節約遺伝子」と呼ばれる、脂肪を蓄積しやすい遺伝子を持っている
とされており(肥満になりやすい)、脂肪肝や派生する疾患には注意が必要です。

引受査定のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脂肪肝は、主に肝機能検査(GOT、GPT、γ‐GTP)の数値や指摘後の経過により
判断しており、良好であれば引受できる可能性があります。
一方、数値に異常があったり、通院して治療を行っている場合は、保険料料増しの
条件が付いたり引受できないことがあります。
医療保険も同様ですが、部位不担保とする会社もあります。

また、脂肪肝はメタボリック・シンドロームの部分症状とも言える状態ですので、
その他、脂質(コレステロール、中性脂肪)、肥満度なども参考にする必要があります。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る