株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 192◆◇ 2018.12.25

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 192◆◇ 2018.12.25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
外反母趾
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
外反母趾とは、足の親指(母趾、第1趾)が、指のつけ根の関節(中足趾節間
関節(MTP関節)と呼ばれる)の部分で、外側へ曲がった(外反した)状態
をいいます。単に親指が外反するというだけではなく、親指のつけ根のもとに
ある骨(第1中足骨)は反対側に曲がり(内反)、親指に連なる骨全体は、ひ
らがなの「く」の字の様になっているのが特徴です(家庭医学館より抜粋)。

症状・病期
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
軽度の外反母趾では母趾MTP関節内側に腫脹(バニオン)があり、靴を履い
た時に痛みを生じます。重度になると、母趾および二趾の足底部に痛みを生じ
ます。症状については、症状の進行程度により、可逆期(代償期)、拘縮期(
非代償期)、進行期(増悪期)、終末期という4つの時期に分ける分け方もあ
ります。女性の方が、ハイヒールをはじめとする細身の靴が多いことや、関節
が柔らかく筋力も弱いため、男性よりも圧倒的に多い(約9割)と言われてい
ます。

原因・種類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.靭帯性外反母趾は、足指のアーチをサポートしている横中足靭帯と呼ばれ
る靭帯が伸びたことが原因で引き起こされ、親指自体が大きく小指側へと
曲がります。
2.仮骨性外反母趾は、親指の付け根に重心が傾いた歩き方の癖がある人に多
く生じる傾向にあり、親指の付け根の骨のみが突出しています。
3.混合性外反母趾は、1、2のどちらかの症状しか出ていなかった人が、年
齢と共に、両方の症状が出てくるタイプです。
4.ハンマートゥ性外反母趾は、先天性の要素から引き起こされるもので、足
の指が上にそり上がるように向いていたり、元から足の指が長かったり、縮こ
まった足先の方がなりやすいタイプです。
5.病変性外反母趾は、リウマチやへバーデン結節、ケガ、事故などから引き
起こされたもので、脱臼や変形をしています。

検査・診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
外見からでも診断は可能ですが、正確には足部の立位荷重状態でのレントゲン
写真で変形度を測り診断します。第一中足骨と第一基節骨のなす角を外反母趾
角といい、外反母趾診療ガイドラインでは20度以上を外反母趾としています。
そして、20~30度までを軽度、30~40度までを中等度、40度以上を重度として
います。また、第一中足骨と第二中足骨の長軸がなす角度をM1M2角といい
10度までが正常とされています。

治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
治療は、保存的治療としては、母趾を外側へ圧迫する様な靴の使用を避け、足
指を開くような外反母趾体操を行います。手を使用したり足の筋肉で足指を開
いたり、ゴム紐を使用した体操(Hohmann体操)等があります。また、
装具療法として、足の土踏まずや横アーチを高くした足底挿板や外反母趾の矯
正器具の使用や、テーピング等があります。薬物療法としては、局所の炎症を
抑える為に塗り薬や湿布剤等の外用剤が使用されますが、効果が十分でない場
合は手術を行います。手術方法は、100以上もあるといわれてますが、最も
一般的な術式は中足骨の骨切り術です。また、母趾以外にも変形や痛みが及ん
でいる場合には、その指に対しても手術が行われる事があります。

予後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
外反母趾診療ガイドライン2014では、外反母趾手術後に再手術を要する頻
度が高い合併症は、変形再発、中足痛、内反母趾で、それらの再手術により症
状の改善は期待できる。また、遠位骨切り術や、近位骨切り術の10年前後で
の成績は比較的良好であるが、さらに長期については明らかではない。と記載
されており、合併症さえなければ予後は比較的長期まで良好と考えられます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
引受査定のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現症は、死亡保険系は問題ありませんが、医療保険は部位不担保等の条件付で
の引受が妥当と思われます。
既往症は、死亡保険系も医療保険も標準体での引受が考慮できるでしょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る