株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 159◆◇ 2017.01.14

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 159◆◇ 2017.01.14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
扁平苔癬(へんぺいたいせん)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
扁平苔癬は、手背、四肢、陰部の皮膚や口腔粘膜にできる紫紅色調の多角形の
扁平隆起性病変で、慢性に経過する角化異常をともなう炎症性病変です。特に
口腔粘膜の扁平苔癬は、癌化することもあり前癌状態ともいわれます。

原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
細菌やウイルスによる感染、歯科用の金属アレルギー、ストレス、各種薬剤、
C型肝炎との関連、遺伝素因のある人では表皮基底膜に対するT細胞性の自己
免疫反応などが原因としてあげられていますが、明らかな原因は判明していま
せん。人口の1%程度の罹患発生率が報告され、口腔粘膜疾患としては頻度が
高いです。

症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
典型的な症状は掻痒(そうよう)で、時間の経過と共に病変部は融合し、色素
増加、萎縮、過角化、小水疱、水疱が生じます。
約50%の症例で口腔粘膜が侵され、口腔内の疼痛、荒れ、出血、不快感、味
覚異常などの症状が生じ、網状でレース状の青みがかった線状病変が特徴的で
す。びらんの扁平苔癬が長期間持続すると、慢性的に憎悪と寛解を繰り返し癌
化しやすいので、WHOではかつて前がん状態の一つとしていました。一方、
皮膚病変の方は癌化しないといわれています。また、爪に病変が認められるこ
ともあります。

検査・診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
視診による分布や臨床像の他、生検を行います。生検では表皮真皮接合部にバ
ンド状のリンパ球浸潤をきたす特徴的な苔癬状炎症反応があり、表皮は肥厚し
て鱗屑(りんせつ)をともなっています。口腔内の病変には金属アレルギーの
パッチテストが行われます。

分類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
口腔扁平苔癬は多彩な像を呈するため、網状型、丘疹型、線状型、斑状型、び
らんまたは潰瘍型、小水疱型、色素沈着型など種々の分類がなされます。

鑑別診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
尋常性乾癬、汗孔角化症、尋常性天疱瘡、白板症、硬化性萎縮性苔癬、SLE、
二期梅毒、口腔カンジダ症、口腔癌、アフタ性潰瘍、瘢痕(はんこん)性類天
疱瘡等があります。

治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビタミンA製剤の服用やステロイド軟膏の塗布、免疫抑制剤のプロトピック軟
膏、光線療法等があります。薬剤が原因の場合は薬剤を中止し、歯科用金属ア
レルギーが原因の場合は充填物や冠の除去を行います。掻痒には抗ヒスタミン
薬を使用します。

予後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
口腔扁平苔癬の癌化率は0.5~2%程度と考えられており、最近の主な研究報告
では、観察期間4~13年で悪性転化率は0.4%となっています。
(2014年東京医科歯科大学での416人対象例)

引受査定のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現症は、死亡保険は標準体での引受、医療保険は部位不担保~標準体での引
受として問題ないでしょう。
既往症については、全て標準体での引受を考慮できるでしょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る