株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 157◆◇ 2016.12.10

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 157◆◇ 2016.12.10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
逆流性食道炎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食道は口から入れた食物を胃に送るための管状の臓器です。食道と胃との接合
部には下部食道括約筋(LES)があり、通常は閉じていますが、食物を飲み込
んだ際に開いて食物を送り込みます。そして、胃に送りこまれた食物は、酸性
度の強い塩酸と消化酵素が含まれる胃酸によって分解され、小腸で吸収しやす
い状態になります。
胃自体はアルカリ分泌等の粘膜を保護する防御機能が働いてますが、食道には
この機能がないので、何らかの原因で胃酸が食道に逆流すると、食道粘膜は強
い酸である胃酸にさらされて炎症を起こしたり、蛋白質分解酵素により障害を
受けたりします。
このように、胃から食道への胃液の逆流が繰り返し起こるために食道粘膜にび
らんや炎症を引き起こす疾患を逆流性食道炎と言います。

原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食道知覚過敏としてはストレスが考えられます。
下部食道括約筋(LES)圧低下としては、加齢があります。
一過性LES圧低下による胃酸分泌の増加としては、アルコール、喫煙、コー
ヒー、過食、高蛋白、高脂肪食等があります。
胃内圧の上昇としては、下着やベルトでの腹部の締め付け、肥満、妊娠、前か
がみの姿勢や重量物の持ち上げ等による腹圧の上昇があげられます。

症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
胸やけ、上腹部痛、胸部違和感、気分不快感、嘔気、嘔吐、げっぷ、腹部膨満
感や就寝中に生じる誤嚥(ごえん)による呼吸器症状や不眠を生じることもあ
ります。

検査・診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
内視鏡検査では、食道上皮に発赤やびらん・潰瘍、腫瘍がないか検査します。
特別な機能を持った分光画像内視鏡では胃・バレット食道・正常食道粘膜を色
調の変化から鑑別したり、拡大内視鏡では血管走行や腺構造の違いを判別しま
す。最終的には食道内pHモニタリングを24時間行い、確定診断とします。

重症度分類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
代表的な分類である改訂ロサンゼルス分類では、グレード別に正常のGrade N
からM、A、B、C、D(重症で75%以上の粘膜に炎症ができている状態)の
順で6段階の重症度分類があります。

鑑別診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
食道がん、バレット食道、マロリーワイス症候群、食道裂孔ヘルニア等があり
ます。

治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
薬物療法としては、胃食道逆流による症状を抑えるため、胃酸を抑える内服薬
を投与します。具体的には、胃潰瘍にも使用するヒスタミン受容体拮抗薬とプ
ロトンポンプ阻害剤の2種類があり、後者の方が胃酸を抑える力が強いです。
薬物療法と並行して、日常生活における食習慣にも気をつけ、過食や暴飲暴食
や食後に横になる習慣を避けます。肥満は胃袋にかかる圧力が強いので、減量
も重要です。薬物療法でも症状が改善せず、食道裂孔ヘルニアを併発していた
り、狭窄、出血など食道炎の程度が重症な例では、腹腔鏡下噴門部形成術など
の手術を行う場合もありますが、あまり一般的ではありません。

予後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
逆流性食道炎の状態が続くと、食道表面の扁平上皮が胃酸に抵抗性がある円柱
上皮に変化します。これを発見者にちなんでバレット上皮といいます。食道に
広がった場合はバレット食道といい、海外では食道がんになりやすい前がん状
態とされています。日本では現在のところバレット上皮からの食道がんはまれ
ですが、早期発見のためにも、定期的な検査は必要と考えられます。

引受査定のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現症は、入院または手術があるような重症の場合には、死亡保険は保険金削減
~標準体での引受、医療保険は部位不担保等の条件付き~標準体での引受と思
われます。それ以外で内服治療だけの場合は、標準体での引受が可能と思われ
ます。
既往症については、標準体での引受で問題ないでしょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る