株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 151◆◇ 2016.09.10

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 151◆◇ 2016.09.10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中東呼吸器症候群
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中東呼吸器症候群(MERS:Middle East Respiratory Syndrome)は、
2012年にロンドンで、中東へ渡航歴のある人から初めて確認された
MERSコロナウイルスによる急性呼吸器感染症です。日本では2015年
1月21日から届け出が必要な2類感染症に指定されています。

疫学
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012年9月以降、サウジアラビアをはじめとする中東地域を中心に報告さ
れ、WHOの2016年3月10日付発表によれば、これまで累計で1652
人の確定感染者数と、少なくとも591人の関連死亡者数が報告されています。
流行地域は、中東地域ではサウジアラビア(85%以上)、アラブ首長国連邦、
カタール、オマーン、ヨルダン、レバノン、イエメン、クウェート、イランで、
最近では2016年2月にサウジアラビアで新規感染者7人が確認されました。
東アジア地域では2015年5月~2015年7月28日まで韓国で流行があ
りました(感染者数186人、死者36人)。このため厚生労働省は2015
年6月10日に国内発生時の対応ついて発表しましたが、2016年8月10
日現在まで、日本での報告例はありません。

原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MERSコロナウイルスが属するコロナウイルスは、動物から人へ感染する人
畜共通感染性ウイルスで、感冒等の軽症なものから、2003年に中国で発生
した2類感染症である重症急性呼吸器症候群(SARS:Severe Acute
Respiratory Syndrome)まで引き起こす幅広いウイルス科です。動物から人へ
の感染経路は十分にはわかっていませんが、ラクダが主要な保有宿主で、人へ
の感染源となっている可能性があります。2015年9月には、不用意なラク
ダとの接触や殺菌されていない乳や肉の食用について注意喚起するリーフレッ
トが厚生労働省から発行されました。潜伏期間は長くて2週間程度で、感染者
の約15%が医療従事者とも言われており、救急外来での患者接触の際には注
意を要します。

症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
典型的な自覚症状は、発熱、咳、息切れ(呼吸困難)です。肺炎は一般的な症
状ですが、必ず起こる症状ではなく、下痢などの消化器症状も報告されていま
す。
重症の場合、人工呼吸器や集中治療室での治療が必要な呼吸不全を起こすと死
亡率が高くなり、報告されたMERS患者の致死率は約36%と高いです。高
齢者、免疫力が低下している人、癌、慢性肺疾患、糖尿病等の慢性疾患がある
人は特に重症化しやすいです。

診断・検査
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
診断には下気道の検体や、鼻咽頭と中咽頭の検体が使用され、PCR検査が行
われます。国立感染研究所では増幅速度が速く特異性も高いLAMP法が導入
され、米国では血清を使用したウイルス抗体検査(ELISA法、IFA法、
中和抗体測定法)も同時に行われています。

治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MERSコロナウイルスに対するワクチンや特異的な治療法は確立していない
ため、対症療法となります。肺炎に対しては抗炎症薬、下痢、脱水に対しては
補液、急性呼吸切迫症候群(ARDS)を生じた場合には人工呼吸、敗血症性
ショックに対しては輸液、昇圧剤、抗生剤の投与などが行われます。

予後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感染力は弱いとされていますが、致死率は約36%で、SARSの約10%に
比べて高いです。

引受査定のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(現在まで日本での報告例はありません。)
現症は、死亡保険も医療保険も引受延期の方がいいでしょう。
既往症は、合併症・後遺症がなければ標準体での引受が可能と思われます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る