株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > 未分類 > ◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 148◆◇ 2016.07.23

◇◆医学豆知識メルマガ Vol. 148◆◇ 2016.07.23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
急性糸球体腎炎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
糸球体は小さな穴の開いた毛細血管でできた微細な球状の腎組織で、流れてき
た血液をろ過します。何らかの原因で糸球体が障害される疾患を糸球体腎炎と
呼びます。このうち、連鎖球菌の感染後に発生し、大部分は一過性で完治し、
溶連菌感染後急性糸球体腎炎とも呼ばれる腎炎を特に急性糸球体腎炎といいま
す。

疫学
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一般的には4才~10才位までの男児に多く、秋から冬に多いですが、成人や
高齢者でも認められることがあります。

原因
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
溶血性連鎖球菌などの細菌による扁桃や皮膚の炎症などがきっかけとして多く、
その他には、まれですが肺炎球菌、黄色ブドウ球菌やインフルエンザ、真菌、
ウイルス等が原因になります。感染が起こると免疫反応として抗体が産生され、
この抗原抗体複合物が腎の糸球体に運ばれ網目に引っ掛かり炎症が引き起こさ
れます。さらに免疫成分の補体も活性化され炎症に火がつき、その結果、糸球
体の目詰まりや破壊が生じることが原因と考えられています。

症状
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
約半数の人は無症状ですが、それ以外では扁桃や咽頭の炎症(発熱)があり、
炎症が治ってから約1~2週間後に、腎機能低下による体内の水分貯留による
浮腫(顔面、特にまぶた)、尿量の減少、高血圧や頭痛や嘔吐、倦怠感等が生
じることがあります。血尿や蛋白尿も認められます。

検査
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
問診や診察から溶連菌感染の既往を疑い、尿検査や血液検査で血尿や蛋白尿、
腎機能障害や免疫物質の一種である補体の低下を認め、原因となる溶連菌の感
染を示すASOやASKなどの抗体価の上昇を認めればほぼ診断できます。
確定診断のためには腎生検を行うこともあります。腎生検では糸球体は腫大し、
血管の中に炎症細胞が増え、血管壁に沿って補体成分の沈着を認め、浸潤した
好中球、腫大した内皮細胞などで血管腔はほとんど閉鎖(管内増殖性糸球体腎
炎所見)していますが、3ケ月~6ケ月後には大部分は治癒します。

鑑別診断
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IgA腎症、膜性増殖性糸球体腎炎、ループス腎炎、急速進行性糸球体腎炎、
急性腎盂腎炎、急性腎不全(腎前性、腎性、腎後性)、間質性腎炎、その他各
種慢性腎炎やネフローゼ症候群等があります。

治療
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
感染後の腎炎なので、抗生物質等の感染症に対する治療が中心となります。尿
量減少、浮腫、高血圧を認める場合には安静、塩分・水分制限、利尿剤、降圧
剤等の保存的な対症療法が行われます。

予後
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小児では9割以上とほとんどが治癒し、成人でも5~8割は1~3ケ月以内に
完治しますが、遷延化し慢性腎炎へ移行した場合には予後は悪いです。

引受査定のポイント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現症は、死亡保険も医療保険も引受延期の方がいいでしょう。
既往症は、数年間は死亡保険は削減、医療保険は部位不担保等の条件付きで、
それ以後は死亡保険も医療保険も標準体での引受が可能と思われます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ご意見・ご質問はinfo@hokensatei.comまでお寄せください。

戻る