株式会社査定コンサルティング

生命保険査定業務・教育研修等を総合的にサポート

HOME > ニュース > 締切りました:第26回判例・事例解説セミナーの開催のお知らせ(5/18)

締切りました:第26回判例・事例解説セミナーの開催のお知らせ(5/18)

多くのお申し込みをいただきありがとうございます。
定員を超えましたので、お申し込みを締切りました。

大変好評をいただいております「判例・事例解説セミナー」の第26回目開催のお知らせです。
詳細・お申込はこちらをご覧ください。
(以下、講師より)

今回は、支払査定者が頻繁に扱う4つのテーマ、「うつ病と自殺」、「重大事由解除」、「事実確認」、「災害性」について、当事務所が対応した具体的事例に基づいて、下記のポイントを中心にご説明し、また、受講者の皆様とディスカッションをしたいと思います。

「うつ病と自殺」については、労災認定されたうつ病自殺の保険金請求にどう対応するか、うつ病の重さを示す被保険者の生活状況等に関する遺族の主張にどう対応するか、主治医が証人として出頭した場合や意見書を提出した場合にどう対応するか。

「重大事由解除」については、重複加入の給付金が日額いくらなら解除可能か、日額以外に考慮すべき事情は何か。加入した複数の保険会社の募集代理店が共通の場合はどのような問題が生じるか、既に支払った給付金の返還請求は可能か。

「事実確認」については、生保協会、損保協会、共済協会、少短協会、医療機関、健保組合、市町村に対する弁護士会照会、契約者の同意はどこまで必要か。契約者が同意しない場合の対処方法、医療機関が開示拒否する場合の対処方法

「災害性」については、内因が外因か不明な場合、死亡に至る体内のメカニズムが不明の場合、民事の立証責任の所在と程度。